たった一人の人を見つけることができたら婚活は大成功

婚活に踏み切れない理由を自分で作っていませんか

30歳を過ぎて来て親から結婚を急かされたり、同じ年くらいの友人が結婚したりするとそろそろ自分の番が来たと感じていると思います。
しかし、周囲にふさわしい相手がいないということも結構多いのです。
例えば女性ばかり、男性ばかりの職場であったり、異性がいても既婚者だったりという場合です。
そんな中では自分から積極的に結婚相手を探すしかないのですが、なかなか婚活に踏み切れない人も多いようです。
曰く、相手がいない、結婚しても幸せになれるとは限らない、そんな結婚に消極的な理由を自分で作ってしまうのです。

結婚相手の条件のハードルをきちんと見直そう

女性の場合に多いのですが、結婚相手の条件のハードルを上げ過ぎていることも多いようです。
例えば年収は1000万円以上、高学歴で身長も高いなどで、そんな人が周りにいないから私は結婚しないというものです。
しかし、これは敢えてハードルを高くして結婚しない言い訳を作っているとしか思えません。
本当に譲れないものは一つ程度にしぼって柔軟な条件設定にした方がいいでしょう。

傷つくことを恐れてはいけません

婚活で厄介なのは、交際しても振られてしまう、相手からお断りをされてしまう場合があることです。
思い切って第一歩を踏み出したのに、相手から断りを入れられてしまうと、自分の人生や人格をすべて否定されたと感じてしまうのは無理もありません。
男性の場合は交際に使ったお金を、女性の場合は交際に費やした時間を返して欲しいと言いだす気持ちも分かります。
しかし、男女交際に踏み出したという経験は、将来のふさわしい相手を見つけるための先行投資と思えばペイするものだと思います。

たった一人の相手を見つけたら婚活は終了です

上手く行かなかった交際は、相手の見る目がなかったと割り切るしかありません。
その経験を糧として次のチャンスに賭けるのが得策です。
一時的にはへこんでしまいショックを受けるのは当然ですが、人生で振られたことのない人はいないと気持ちを切り替えるしかないのです。
今回は駄目だった、残念、それでは次行こうというくらいで十分です。
たった一人の相手を見つけることができたら婚活は大成功なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ