恋愛結婚とお見合い結婚はどちらがいい

恋愛結婚の利点と難点

恋愛結婚の利点は、何をおいても好きな相手と結婚ができるということです。
相手が好きならモチベーションも変わるし、幸せを感じやすいでしょう。
ただ、家柄、職業、年収などを選べないという問題があります。
愛を貫くのなら大した問題ではなくなりますが、好きの感情が一生続くという保証はありません。
お互いのことを理解しているつもりでも盲目になっており、理想と現実の結婚生活にギャップを感じることも増えるでしょう。

お見合い結婚の利点と難点

お見合い結婚の利点は、相手のスペックを理解して結婚ができるということです。
家柄、職業、年収などが事前に確認でき、自分が理想とする相手と結婚をすることができるので、結婚生活を想像しやすく、理想と現実のギャップに悩まされることがあまりありません。
ただ、恋愛感情から結婚するわけではないので、好きな人と一緒になるときと比べればモチベーションは変わるでしょう。

離婚率はどちらが多い

離婚率はお見合い結婚に比べて恋愛結婚の方が高くなっています。
やはり結婚は恋愛と違い、好きな感情だけで続けていけるものではなく、お金、思いやり、生活能力なども必要になってくるためです。
恋愛は人を優しくさせますが、恋心で繋がっていると、それが冷めた時はどうなるのかという問題が生じます。
それを踏まえると、結婚生活を想像して結婚できるお見合いの方が離婚率が低いのは当然のことでしょう。

お見合い結婚の方がおすすめ

恋愛結婚でもそのまま何十年も愛情をはぐくめるカップルもいるため、一概にどちらの方がいいとは言えませんが、生涯添い遂げる相手を探すためにはお見合いの方が有利と言えるでしょう。
恋愛結婚の方がイメージがいいという印象がありますが、近年では婚活ブームからお見合い結婚も増加しつつありますので、抵抗感を持つ必要はありません。
また、多くの方が勘違いしていますが、お見合いでもお付き合いから始めることができるので、恋愛をすることだって可能です。
さらにお互いに結婚したいという願望があるので、同じ目的に二人で進んでいくことができるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ