自分と向き合うことから始める婚活

婚活を始めたいと思ったら

そろそろ結婚したい、そんな気持ちはある日突然やってくるわけではありません。
多くの方は、なんとなく結婚したいな、という気持ちを抱えていて、何かのきっかけで具体的に婚活に足を向けることになります。
きっかけは、友人の結婚生活を見たり、親からの勧めもあるでしょう。
それだけではなく、仕事に疲れたり、一人で過ごす週末に寂しさを感じるなど、決してブラスの要素だけではないのが、婚活を始めるきっかけとなることも少なくないのではないでしょうか。
長年付き合っていた恋人に振られたり、友人がどんどん結婚していく焦りなども、婚活開始のきっかけになることもあります。
そんな時は、婚活を始める前に、少し考えてみる時間を持つことがお勧めです。

婚活を始める前に考えておきたいこと

結婚相談所の登録したり、合コンや出会いパーティーなどに参加して、いろいろな異性と出会うことは、とてもエネルギーがいることです。
結婚相談所など出会いの場に出て行く、そんな積極的な行動はとても良いことですが、いつもぴったりの相手に出会えるとは限りません。
ぴったりの結婚相手に出会うために、沢山の出会いをすることは、自分も相手に結婚相手としてふさわしいかという視点でチェックされているわけで、いつも上手くいくとは限りません。
しかし沢山の相手の中に自分にぴったりの相手がいるはずと、デートを重ねることで、実はとても疲労してしまうという婚活疲れも話題となりました。
やみくもに出会いを重ねても、ぴったりの相手が見つかるとも限らないのです。
それよりも、前にしておくことがあります。

自分を知るということ

これは、自分を知るということです。
自分を知ることで、自分に合った相手を絞ることができます。
そして自分を知ったことで、他の誰のものでもない自分に合ったライフスタイル、将来の計画、そして相手に求めるものが明確になるのです。
一般的によい結婚相手と言われる条件としてみられがちな年齢、収入などを超えた、自分オリジナルな相手選びのポイントが見えてくるのです。

まずはじっくりと自分と向き合おう

あなたの好きなものは何でしょうか、どんな時に幸せを感じるでしょうか。
じっくりと考えてみましょう。
そして未来にどんな生活がしたいでしょうか?
その隣にいる相手はどんな人がよいでしょうか。
それが具体的に描けた時が、活動開始の適切な時期なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ