適齢期を意識しつつも自分なりのタイミングで婚活を行おう

婚活にも適齢期がある

多くの物事には、行うのに適した年頃、いわゆる適齢期というものがあるものです。
そして、勿論、婚活にも適齢期はあります。
適齢期であればスムーズにお相手が見つけられる可能性が高いですから、できれば時期を逃さずに婚活を行いたいものですよね。

女性の婚活適齢期

では、具体的に婚活を行う適齢期とはいつなのかと言うと、まず、女性の場合は20代前半から35歳程度までの年頃が挙げられます。
女房と畳は新しい方が良い、ということわざもあるほど、昔から男性は若い女性を好む傾向があるものですから、この年頃の中でも、より若い女性に人気が集まりやすいです。
若い女性が好まれるなら20代未満の女性も人気がでるのではないかと思われるかもしれませんが、未成年では流石に結婚の相手としては若過ぎると考える男性がほとんどです。
これは、結婚をするからには子どもを持ちたいと考える方が多いことが関係していると考えられます。
年齢を重ねすぎている場合と同様に、若過ぎる場合も妊娠や出産の際に母体に負担が掛かってしまいますので、避けようという意識が働くのです。
この点、35歳以下の成人女性であれば、母体に負担なく妊娠や出産ができる上、余裕を持って定年までに子どもを成人まで育て上げやすいので、ベストな年頃だと言える訳です。

男性の婚活適齢期

一方、男性の場合の適齢期としては、25歳以降から30代・40代までの年頃が挙げられます。
女性に比べて適齢期の年齢層が高めなのは、若さよりも経済力に魅力を感じる女性が多いからです。
未成年や20代前半など若い年頃では、まだ学生であったり就職していてもキャリアをあまり積めていなかったりするので、経済力はあまりない場合が多いでしょう。
その点、ある程度年齢を重ねた男性ならば、社会人経験を積んで収入も安定してくるので、一家の大黒柱としての頼りがいを感じ、結婚相手になりたいと望む女性が現れやすいのです。

自分の欲求を尊重することも大事

ただ、もちろん、適齢期でなければ絶対に婚活を成功できないというわけではありません。
あくまで一般的に相手を見つけやすい年頃であるというだけであって、適齢期を外れた人に魅力を感じる異性もいることでしょう。
ですから、自分がそろそろ結婚したいと思ったタイミングでは、既に適齢期を過ぎてしまっていたという女性も、まだ適齢期を迎えていなかったという男性も、気にし過ぎずに自分の欲求に従って婚活に挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ